敦賀市内の築83年の伝統構法の古民家の古民家鑑定を行いました。

昨日は、敦賀市内で築83年の伝統構法で建てられた古民家の古民家鑑定、床下インスペクション、耐震診断を行いました。お施主様は、お祖父さまの残された愛着のある、この古民家を再築して残していきたいとのことです。敦賀市では現在、伝統構法の住居の耐震診断・補強プラン作成、耐震補強工事の費用の一部を補助しています。伝統構法の住まいを残して敦賀の建築文化を次代に繋いでいく。それが、弊社の使命と思っています… 補助金のお問い合わせ、耐震診断のお申し込みは、敦賀市に直接ご依頼ください。 http://www.city.tsuruga.lg.jp/about_city/news_from_division/kensetsu_bu/jyuutaku_seisaku/mokuzo_taishin-hokyo.html